AGAはお医者さんに相談

男性に多い脱毛の原因として、AGAがあげられます。男性の3人に1人がAGAによる男性型の脱毛症で悩まれているといわれています。
AGAの原因は様々ですが、「遺伝」、「男性ホルモン」、「ストレス」の3つに分類することができます。髪の毛は、男性の場合は通常2〜5年で生え変わるといわれており、髪の毛が活発に伸びる成長期、成長が止まる退行期、さらに休止期をへて脱毛に至る一連のヘアサイクルというものがあります。
AGAは、男性ホルモンによる影響が強いと言われており、男性ホルモンの影響でヘアサイクルが短くなり、生えてきた毛髪が成長せずに抜けてしまうことで起こるといわれています。また、更年期の女性などにも同様の現象がみられることが知られています。
男性ホルモンによるAGAの8割が遺伝によるものと言われており、男性ホルモンとして代表的なテストステロンなどが、毛根の細胞分裂を抑制する作用があることが知られており、この影響で髪の毛が育たずに細く短い産毛のような髪の毛となり薄毛となっていきます。遺伝による薄毛は若年からその傾向が表れやすくなっています。
AGAの場合には育毛剤ではなく、治療薬が認可されていますので、AGA治療薬を利用することが効果的ですので、お医者さんに相談しましょう。

Copyright© 育毛剤を上手に使おう All Rights Reserved.