育毛剤の効果とは

男性型脱毛症の原因として、毛髪の発育の阻害因子である5αリアクターゼがあげられます。この男性型脱毛症の改善には、ヘアサイクルを整えることと、5αリアクターゼの働きを阻害する必要があります。近年この5αリアクターゼの働きを阻害する薬が開発されています。
育毛剤を選ぶ場合には、この5αリアクターゼの働きを阻害する成分が配合されているものを選ぶようにするとよいでしょう。また、市販されている医薬部外品の育毛剤は外用薬ですが、内服用の薬もあり、こちらの方が効果が高いと言われていますが、医薬品となりますので医師の処方箋が必要となります。
また、脱毛に効果が期待できる成分には副作用があるので利用する場合には注意が必要です。ただし、一般的に流通している育毛剤は、頭皮に栄養を与えたり、毛乳頭に直接育毛成分届けるものが主流で、頭皮環境を整える効果は期待できますが、5αリアクターゼの阻害効果や発毛効果は期待できません。また、男性型脱毛症は若年層から次第に進行しますので、早めにケアすることで症状の進行を抑えることができます。また、育毛剤では、進行を抑えることや頭皮環境を整えることは可能ですが、直接的な発毛効果はありません。

Copyright© 育毛剤を上手に使おう All Rights Reserved.