脱毛のメカニズム

毛髪は一つの毛根から3本〜5本生えており、総数として、6万本〜15万本で平均10万本程度と言われています。この毛髪は、年齢や性別によって多少の差はあるものの、ヘアサイクルによって発毛と脱毛を繰り返しており、毎日50本〜60本程度が自然脱毛するのが一般的で、同時に新しい毛髪が成長期にはっていることになります。
毛髪は、毛根の一番下にある髪の毛を作る役割の「毛乳頭」からアミノ酸を中心とする栄養が「毛母細胞」へ送られることで髪の毛が造られこの細胞分裂を繰り返すことによって髪の毛が成長することになります。
しかし、頭皮の血行が悪くなると、毛髪の成長のための栄養素が不足し、成長期のはずの毛髪が成長できず、ヘアサイクルのバランスが崩れ、本来は3年〜6年も伸び続けるはずの毛髪が寿命よりも早く抜けてしまうことで薄毛となっていきます。
この異常脱毛の発生の原因として、ストレスや生活習慣のバランスの崩れがあげられ、結果として毛乳頭への血液の流れが悪くなったり、ホルモンや皮脂の過剰な分泌が起きたり、ビタミン不足などによる頭皮環境の悪化が起こり、次第に薄毛になっていくことになります。薄毛の髪の毛が細く短くなっていくのはこのためと言われています。

Copyright© 育毛剤を上手に使おう All Rights Reserved.