ヘアサイクルについて

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)という発毛してから脱毛するまでのサイクルがあります。このヘアサイクルは、男性で3〜5年、女性で4〜6年と言われています。ヘアサイクルには「成長期」、「退行期」「休止期」の3つのステップがあります。
 通常は全頭髪の80%〜90%が成長期にあると言われており、毛母細胞が活発に分裂を繰り返すことで新しい髪がつくり出され、古い髪は抜け落ちます。この成長期は男性で3〜5年、女性で4〜6年と言われています。
全頭髪の80%〜90%がこの状態にあります。
 成長期を過ぎると、毛乳頭の働きが低下し、髪の成長が弱まり、毛母と毛乳頭が分離することで、髪の成長は止まります。この時期を退行期と呼び、全頭髪の1%がこの状態にあると言われており、この退行期が、2〜3週間で続いた後、休止期移行します。
休止期は、3〜4ヵ月と言われており、髪の成長が完全に止まった状態で、毛根が浅くなって、自然に脱毛していきます。休止期の髪の毛は、全頭髪の10%〜20 %と言われており、同時に次の髪の成長が始まる成長期となります。ブラッシングなどで抜ける髪の毛は、この休止期の終わった髪の毛となります。薄毛の状態は、成長期が短く、髪の毛が十分育つ前に、衰退期となってしまだ状態です。

Copyright© 育毛剤を上手に使おう All Rights Reserved.