知っておきたい育毛剤の基礎知識

育毛剤には、目的や症状に応じて様々な種類があのますので、自分に合わないものを選んでしまったり、間違った育毛剤の使い方をしてしまうとトラブルの原因となりますので注意が必要です。
育毛剤には、外用タイプと内服タイプの2種類があり、一般的に育毛剤というと、頭皮に直接塗布して使う外用タイプが主流ですが、最近は、飲み薬として飲む内服タイプのものが出回るようになりました。
さらに、育毛剤、養毛剤、発毛剤といった区分があり、髪の毛の成長を促進する効果があるものを養毛剤・育毛剤と言い、抜け毛の防止や髪の毛の保護効果があり、新たに発毛する効果が望めるものを発毛剤として区分することもあるようです。
育毛剤には直接的な発毛効果はなく、今ある髪の毛の維持や成長を目的としたものですが、髪の毛を育てる頭皮環境を整えてくれますので、弱ったり、休眠してしまったりしている毛根の活性化には効果がありますので間接的に発毛を助ける効果はあるようです。
さらに、育毛剤には薬事法によって定められた医薬品と医薬部外品という分類があります。医薬品に分類される育毛剤は効果も高いですが、副作用もありますので用法用量を守って使うことが重要です。医薬品に分類される育毛剤には外用薬と内服薬があり、併用して使う場合などもあるようです。

関連するホームページ

おすすめしたいHP

Copyright© 育毛剤を上手に使おう All Rights Reserved.